てらこやだより | 奈良市学園前駅前のバレエ教室「バレエてらこや」月内振替自由!発表会自由参加!バレエを通してお子さまの育ちと、お母さんの子育てを応援します。

奈良市・学園前駅前バレエ教室 バレエてらこや
ブログ
2016年08月18日 [Default]

夏期講習楽しかった!!そしてオリンピック!

暑い!暑い!そして熱い夏になりましたが、
お盆も明けて、いよいよ後半になってきましたね。

バレエてらこやでは、9月木曜日クラス新設にむけて
「短期集中夏期講習」を開催させていただきました!

お盆休みのさなかにもかかわらず、
暑い朝から元気に集まってくれたこどもたち。

初めての場所、初めてのお友達、初めての先生、
そして初めてのバレエで、
最初はみんな緊張気味でしたが、
だんだんと笑顔がみえてきて、
3日目にはかなりリラックスして楽しんでくれていました。


初めてのことに向き合って、一生懸命に「やってみよう」とする
こどものまなざしは、ほんとうにかわいいです。
緊張しながらも、耳と目と頭と心をいっぱいつかって
まっすぐに取り組むそのプロセスは、
美して尊くて、
教えている私の方が、言葉にはできない不思議なパワーをもらえました。


折しもリオではオリンピック熱戦中

夏期講習のころには、体操内村選手が個人総合2連覇を達成されたのですが

試合後のインタビューで、お母さんがお話しされていたこと。

「私たち夫婦が、体操を楽しんでいたから、体操をやる気になったんだと思います。
体操は楽しいものだと思わなければ、決してやりたいとは思わなかったと思います。」

内村ご夫妻は、ずっと体操教室を経営されて、航平さんのみならず、たくさんのお子さんを
指導されているそうです。

航平さんがあれだけ活躍して有名になられているので、
おそらく「何が何でもわが子を金メダリストに!!」という
親御さんに連れられて「金メダルをとりたい!!」というお子さんが
何人も門戸をたたきにこられてるのでは・・・と思います。

それでもなお、体操を楽しむことを大切にする
指導者として、親としての姿勢に
わたしはとても心打たれました。


もちろん、あれだけの結果を出すには、
長年の、相当に厳しい練習があったに違いないのですが、
決して本末転倒していないところが素晴らしいと思います。


これは、内村選手に限らず、ほかの日本人選手の皆さんをみていても感じることです。


「たくさんの応援してくださるみなさんのおかげで頑張ることができました」
と、みなさん口をそろえておっしゃるのですが、

一昔前みたいな悲壮感がないのです。

自分を犠牲にしてでも、周囲の期待に応えて国の名誉のために頑張るというのではなくて

喜びと共に、自分のためにやっている。

「感謝しなくてはならない」ではなくて、
自然に、心からの感謝があふれ出ているのは、

選手本人も、それを応援する周囲も、喜びと共に、困難を乗り越えてきたからなんだと思います


以前には「日本の選手はハングリー精神がないからだめだ」などという
風潮もありましたが

飢えているから、他者を押しのけてでも飢えを満たすのではなくて、

愛し、愛されて、幸せだからこそ、
自らに与えられた種を大きく花ひらかせて
自らも、周りも幸せにする

そんな姿に、画面から幸せなオーラが降り注ぐようでした


これが叶うのは、豊かで平和な日本に育ったこどもたちだからなんだろうなと

これは誇りに思っていいことなのではないのでしょうか


ちょうどオリンピックのさなかの終戦記念日とともに
原爆の投下や、焼け野原の敗戦の頃の日本のことも画面にのぼっていました


今現在も、戦争や内戦やテロにさらされている国々がたくさんあります。
今回のオリンピックには「難民選手団」も登場しました

そんななか、愛と信頼を体現するかのような現在の日本の若い選手たちの姿は
希望と未来をみせてくれているような気がします


バレエてらこやも、そんな未来を創っていく子供たちの心の根っこを育む場所として
これからも、ひとりひとりのお子さんはもちろん、
こどもを愛するお母さん、お父さん、おばあちゃん、おじいちゃんと
大切に時間を過ごしていきたいなと思います


9月からは木曜日クラス新設で、またたくさんの新たな出会いがあるのだろうと
ワクワクしています

バレエてらこやをのぞいてみよう!!という方は
無料体験レッスンにお越しくださいね。

(お申し込みは、HPのお問合せフォームが便利です)

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。






PageTop